医療法人 共和会トップページへ

宮城県の仙台にある医療法人の共和会です

宮城共立医院
 
メニュー
施設のご案内
医師の紹介
糖尿外来
超音波外来
CT外来
胃腸科外来
療養型病床
眼底検査
物理療法
訪問看護
送迎について
交通のご案内
トップ

施設の空き状況
採用情報
お問い合わせ
医療法人共和会トップページ
サイトマップ 個人情報保護方針
糖尿外来

糖尿専門外来のご案内


<受診注意事項>
1)検査のため朝食抜きでお出で下さい
2)血圧・体重・尿検査、その後処置室で血糖等の検査を致します。
3)診察時間は御来院の順番となります。

※糖尿の治療は皆様の食事療法・運動療法などの努力と専門的な知識と技術をもった医師による診察・検査・治療が大切です。糖尿病が悪化すると、視力障害・腎障害・神経障害などの3大合併症を引き起こすこともありますので、予防のためぜび当院専門外来をご利用下さい。

糖尿病について


糖尿病についての資料
糖尿病についてのパンフレットをダウンロードできます。
>>パンレットダウンロード
どんな病気か
 血液中には、エネルギーのもとになる糖分(血糖)が含まれていますが、この血糖を調節するインスリンというホルモンが不足したり、作用が弱かったりして、血糖値が異常に上昇する病気が糖尿病です。
症状と経過
 軽いうちは特に自覚症状はありませんが、進行すると全身がだるく、口の中が渇いて大量の水を飲むようになり、尿の回数が増えてきます。体重の減少を伴ってくると、かなりの重症で入院が必要となります。糖尿病を放置すると、次のような合併症が進行します。
1.糖尿病性網膜症
眼底出血が現われ、進行すると失明することもあります。
2.糖尿病性腎症
尿たん白が陽性(+)となり、進行すると全身がむくんで心不全をおこしやすく、血液透析が必要になります。
3.糖尿病性神経症
下肢のしびれや冷感、神経痛などが現われ、進行すると壊疽となって、下肢を切断することもあります。
4.動脈硬化症
動脈硬化による狭心症や心筋梗塞、脳梗塞にかかりやすくなります。
糖尿病の治療
1.食事療法
食事療法:朝食糖尿病には食事が大変関係深いので、糖尿病の治療ではまず食事療法が基礎になります。いかに糖尿病に効く内服薬を飲んでいても、あるいは、インスリンが不足しているからといってインスリンの注射をしても、食事療法がきちんとできていない限り有効性を失うといえます。
2.運動療法

特別な運動療法があるわけではありません。年齢・職業によって、また、合併症の有無によって自分に最も適したと思われる運動療法を工夫する必要があります。各人に適した運動を、毎日規則正しく行うことが大切です。

4.薬物療法
薬を飲めば飲むほど効くという考え方は、糖尿病の治療に対しては全く間違っています。糖尿病の内服剤は、使う必要のある人に限って使います。

 

低血糖症状
 空腹時に、強い飢餓感、脱力感、ふるえ、動悸、発汗、あるいは怒りっぽくなったり、人格が変わってしまったり、ぼんやりしてしまったりなどの症状があれば、低血糖であることが多いのです。
糖尿病について
  • 定期的な血糖検査(HbA1c検査)が必要です。
  • 血糖をうまくコントロールする事で健康な人と同じ生活が送れます。
  • 眼科の検診は年に1,2回受け、微量アルブミンを測りましょう。
  • -Point of No Return- 症状が進んでしまうと取り返しがつきません 。
  • 血糖に応じた治療を継続することで合併症が防げます。
  • 病気を知りきちんと対応すれば、何も恐れることはありません。

 
 
トップ施設のご案内医師の紹介糖尿外来超音波外来CT外来胃腸科外来
|療養型病床眼底検査超音波検査物理療法訪問看護送迎について交通のご案内|
Copyright (C) 2006 Kyowakai medical corporation.All rights reserved.
宮城県 仙台 医療法人 共和会

宮城共立医院介護老人保健施設 ユニットケア泉泉デイケア共立デイケア
広瀬介護支援センター泉居宅介護支援センター

宮城県 仙台 医療法人 共和会